#ひかりやさい でアップして、美味しい料理を共有しよう!

このロゴを押すと写真を見られます。

お野菜情報

【ア行】

【品目名】 オクラ 【品種名】 エメラルド 【原産地】 アフリカ

【特徴】 角がなくて丸いオクラ。大きくなっても筋がなくてやわらかいのが特徴。粘りの成分は水溶性の食物繊維とムチンという糖タンパク質で、消化吸収を助けて疲労回復に効果を発揮します。

【調理法】 酢のもの、和えもの、天ぷら、スープなどがある。さっと茹でて小口切りにし、醤油と鰹節をかけて食べても美味。

【保存方法】 低温に弱いので冷やしすぎないこと。ポリ袋や新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。

【ひとこと】


【カ行】

【品目名】 カボチャ 【品種名】 コリンキー【原産地】 南米

【特徴】 生食用に改良されたカボチャですが、外観はタマネギのような形で、色はレモンやグレープフルーツに近い黄色。やわらかく皮ごと食べられる未熟果を利用するフレッシュ野菜。

【調理法】 食感は歯ざわりよく、くせがなくサラダや浅漬けにしてもおいしい。そのままスライスしてドレッシングで、また軽く塩もみして鮮やかな黄色を引き立ててサラダに。浅漬けは塩、しょう油、ぬか漬けいずれもおいしい。生ならキュウリに近く、炒めたりするとズッキーニに近い。

【保存方法】 種とワタを取り除いてからラップをし、冷蔵庫の野菜室で保存します。小分けにして冷凍保存すれば便利です。

【ひとこと】 赤く熟したものはスライスして焼いたり、ジャムやケーキにおすすめです。


【品目名】 カボチャ 【品種名】 ロロン 【原産地】 南米

【特徴】 ラグビーボール形のユニークな果形をしています。肉質は非常に粉質で、キメが細かく、滑らかな舌触りと上品な甘さが感じられます。

【調理法】 ホクホクした食感を活かし、コロッケや揚げ物がオススメです。もちろん、煮物や焼き物も美味しいです。

【保存方法】 種とワタを取り除いてからラップをし、冷蔵庫の野菜室で保存します。小分けにして冷凍保存すれば便利です。

【ひとこと】 「ロロン」という名称は、育成者の「ロマン」と、まるで食味が「マロン」のようなあまさとおいしさを持つことが由来とされています。


【品目名】 キュウリ 【品種名】 夏太郎 【原産地】 インド、ヒマラヤ

【特徴】 地這い栽培が推奨されている珍しい品種です。

【調理法】 漬け物、キムチ、ナムルなどで歯応えとみずみずしさが堪能できます。もちろん、生食でも美味しいです。

【保存方法】 水気をふき取りラップして冷蔵庫の野菜室に入れます。水分が多いので、冷えすぎると凍りやすく傷みが早いので気をつけましょう。

【ひとこと】 地面につるを這わせるので、片面が色が薄いものがありますが、味は美味しいです。


【品目名】 空芯菜 【品種名】 スラらん 【原産地】 東南アジア

【特徴】 シャキシャキとした食感のある茎と、少しヌメリを持つ葉が特徴です。

【調理法】 シャキシャキした食感を活かした炒め物がおすすめです。また、クセがないのでお浸しや和え物、汁物にも。細く柔らかい茎や葉の部分は生のままサラダで食べることができます。

【保存方法】 濡れた新聞紙に包み、ポリ袋などに入れ、冷蔵庫で立てて保存します。

【ひとこと】 「ヨウサイ」「エンサイ」とも呼ばれています。


【サ行】

【タ行】

【品目名】 ツルムラサキ 【品種名】 ツルムラサキ 【原産地】 東インド、熱帯アジア地方

【特徴】 「インドのホウレンソウ」とも呼ばれるツルムラサキは、ホウレンソウの近縁種でありモロヘイヤに並ぶ健康野菜。独特のぬめりと香りにクセがあるため敬遠されがちですが、健康野菜として注目を浴びてから人気が高まりました。

【調理法】 さっぱりとしたお浸しや和物などの調理にはアク抜きをするとよいのですが、1分以上ゆでると水っぽくなり、栄養分も減ってしまいます。一方、油との相性はとてもよく、天婦羅、炒め物に広く利用されます。その他サラダ、海苔巻、椀物、鍋物、汁の実などにも利用されています。バター炒めにすると意外に美味しい。

【保存方法】 濡れた新聞紙に包み、ポリ袋などに入れ、冷蔵庫で立てて保存します。新聞はなくても大丈夫ですが乾燥させないことが重要。

【ひとこと】


【品目名】 冬瓜 【品種名】 長とうがん 【原産地】 インド、東南アジア

【特徴】 果皮が厚く涼しい場所であれば夏から冬まで貯蔵することができることから「冬の瓜」と呼ばれこの名前がつきました。また京都の加茂地方で栽培が盛んに行なわれていたことから「カモウリ」とも呼ばれています。果皮に白い粉を出すのは、果実表面の日焼けを防ぐためといわれています。

【調理法】 成分的にはほとんど(95%)が水分で、味はほとんどなく、煮物、あんかけ、酢の物、スープ、蒸し物などとして他の味を含ませる料理に用いられます。

【保存方法】 涼しい冷暗所に保存しておけば冬までもちます。切ったものは切り口を上にして、密封して野菜室などで保存します。

【ひとこと】 冬瓜は95%が水分なので、栄養価、カロリーも低いですが、利尿作用のあるカリウムを比較的多く含んでいるため、むくみ解消や高血圧に効果が期待できます。体を冷やす働きもあるので、夏にぴったりの野菜です。


【ナ行】

【品目名】 ナス 【品種名】 千両二号 【原産地】 インド

【特徴】 濃黒紫色でツヤがよい。果皮はやわらかく、調理の幅が広い。

【調理法】 皮がやわらかでどんな料理にも使えます。

【保存方法】 水分が逃げないように1個ずつラップに包み、冷蔵庫の野菜室に。冷やしすぎるのもよくないので、必ず5度以下にならないように野菜室に入れてあげましょう。

【ひとこと】 焼きナスの豚肉あんかけがおすすめです。


【品目名】 ニラ 【品種名】 広巾にら 【原産地】 中国

【特徴】 葉は色濃く、幅1㎝に達して肉厚、やわらかで味がよい。

【調理法】 汁の実やおひたしの他、中国料理、韓国料理に良く用いられ、レバーと炒めあわせた物や餃子の具、卵とじなどがポピュラーな用途。

【保存方法】 基本的に傷みやすい野菜。野菜袋などに入れて冷蔵庫で保存します。冷凍保存もしくはタッパなどに水を入れて漬け込んだ状態で冷蔵保存すると長くもちます。

【ひとこと】

【品目名】 ネギ 【品種名】 九条太 【原産地】 中国西部、シベリア

【特徴】 九条ネギは一般的な長ネギよりも青い葉の部分が多い青ネギで、他のねぎと比べてぬめりが多いです。

【調理法】 生食すると強い辛みを感じますが、加熱すると甘くとろけるように変化します。

【保存方法】 新聞紙などで包み冷蔵庫へ。保存中でも上に向かって葉が伸びてくるので、なるべくなら立てて保存するのがいいようです。

【ひとこと】

【品目名】 ネギ 【品種名】 下仁田 【原産地】 中国西部、シベリア

【特徴】 江戸の殿様にも献上されていた事から別名『殿様ねぎ』とも呼ばれます。「下仁田」とは群馬県の西部に位置する地名で、この地域でしかできないとされた独特な葱を栽培していたことが名前の由来。

【調理法】 鍋などで煮込むと独特の甘みが出るのが特色で、食通の方々の間では珍重されています。

【保存方法】 新聞紙などで包み冷蔵庫へ。保存中でも上に向かって葉が伸びてくるので、なるべくなら立てて保存するのがいいようです。

【ひとこと】 ネギらしい甘さが出てきています。やっぱりネギは冬ですね。

【ハ行】

【マ行】

【ラ行】

【品目名】 レタス 【品種名】 オークリーフ 【原産地】 地中海沿岸から西アジア

【特徴】 やわらかい葉が特徴で、葉色は綺麗な淡緑色です。

【調理法】 もちろんサラダ用です。刃物で切ると酸化が進み褐変しやすいのでなるべく手でちぎって調理しましょう。

【保存方法】 切り口を水で湿らせ、ポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保存する。

【ひとこと】

【品目名】 レタス 【品種名】 チマサンチュ 【原産地】 地中海沿岸から西アジア

【特徴】 掻きチシャとも呼ばれ、外の葉を掻き採るようにして収穫するのが名前の由来。韓国焼肉ブームにより一般に知られるようになりました。

【調理法】 焼肉を包んで食べるのが代表的な食べ方です。茹でてお浸しにしたり、和え物、汁の具、炒め物にも利用できます。ほかのサニーレタスに比べて葉が厚いので炒めても食感が残りやすいようです。

【保存方法】 切り口を水で湿らせ、ポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保存する。